​コンサルティングについて

「ビジネスチーム瞑想」の

仕組み化で有機的な組織改革

 

 ビジネスチーム瞑想体制化コンサルティングは組織の個々人がポテンシャルを最大限に発揮するための専用瞑想システムです。スピーディーな個々人の融合とチーム全体の流動的な安定性を実現することで『チームパフォーマンスの向上、時代をリードするセンス、事業の核となる人材・情報の共有・継承、意図的な影響力の強化、高利益体質』などの汎用性の高いエネルギー資質を恒久的に企業文化に根付かせることができます。

          

                                      対象

        ・企業経営幹部

        ・プロジェクトチーム

        ・医療チーム

        ・建設チーム

        ・スポーツチーム

        ・大学等の研究者チーム

        ・開発チーム、制作スタッフ等

              “超一流チーム”を創るエッセンスとは?

ステージアップした貴社とチームの姿

・メンバーの組織への所属動機が純化される

・自社ブランドが高次元化される

・世代交代をする際にDNA・真髄が確実に継承され、

 更にパワーアップできる

・自社の社会に対する影響力・波及効果を自覚的に高めることができる

・複数の事業の核が統合される

・社内ストレス、プレッシャーを組織的に昇華する内部体制が確立される

・経営センスに必須の数値化・言語化される前段階の

 潜在的な情報、変化に対する感度・判断力が構造的に高まる

​・新しい組織やチームがスピーディーに自社戦力化される

・個性豊かな社員同士が衝突することなく、相互活性化により全体を引き上げる

・一個人が全体に及ぼす波及効果が最適な形で組織に作用する

・多様性を増しながらも全体が統合へ向かう『進化型組織』の実現

・真に適切な問いを立てることが出来る組織

・社長も会社も次のステージに進むことができる

・高利益体質の実現

 

 

これまでの瞑想概念3つの否定

 

 

 

・瞑想は必ずしも目を閉じて動かず座っているものではない

ビジネスやプロスポーツの重要なシーンにおいてリラックスした状態を作り出すために『一時的に目を閉じて呼吸を整えること』を瞑想と指す場合がありますがこれは心身を統一するための最も初歩的な行為に過ぎません。

・瞑想は必ずしも雑念を無くそうと試みるものではない

瞑想や坐禅に一度でも挑戦したことのある人や、長年取り組んでいる人でも『雑念』を消すこと『ノーマインド』の状態に至ることが瞑想の目的だと捉えている人々がいます。たしかに瞑想によって雑念は減少しますが、それはあくまで瞑想の本来の効果の結果、副産物として自然にそのような落ち着いた状態になります。

・瞑想は必ずしも宗教活動ではない

コミュニケーションありきで電話が開発されたように、瞑想ありきで宗教が発展してきました。電話があると便利ですが、なくてもコミュニケーションという本質はなくなりません。むしろ電話によって人間同士の真の共感や微細な情報の共有が阻害されることもあります。宗教も同様に素晴らしい側面と形骸化した習慣を維持するだけのものとがあり、それは本来の瞑想とは全く関係のないものです。​

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チーム瞑想システムでは3つの要素【視点・認識・知覚】の水準を引き上げることで組織全体の意識に永続的な自律進化への希求と流動的な時代に対しての高い汎用性を定着させることができます。

 

 目に見えない良質の意識形成が確立されることでインスピレーション・イノベーション・モチベーション・コミュニケーション等のビジネス戦略上の重要な全ての要素を根源的なレベルから支え、貴社全体の表現に最善性を与えることができます。

 

 

視点
認識
知覚
​汎用性のある自在意識の確立
​インスピレーション
​モチベーション
​イノベーション
​コミュニケーション
​チーム瞑想の定義
『流動的な物事を再定義する力』
​具体的なコンサルティングのステップ

※各回2時間を予定

第1回目 /現状把握とチーム瞑想活用の方向性設定


(1)自社の瞑想活用の目的と全体像

(2)期待する効果効能 

(3)人・空間・規模・対象の設定 

(4)実施社内スペースと運用への確認 


第2回目 /チーム瞑想の効果を最大限化させていく時間軸設定
 

(1)目的と対象別のチーム瞑想の実施方法 

(2)メイン瞑想とサブ瞑想の組み合わせポイント

(3)瞑想効果を高める専用ツール類の検討 

(4)社内就業時間とのすり合わせ導入策 

第3回目 /付加価値への思考を高めるビジネス瞑想の定着とオリジナル化


(1)社内での瞑想体制の定着と自前化 

(2)メイン瞑想によって付加価値への思考を高める

(3)瞑想をオリジナル化するためのチェックポイント 

(4)組織全体の進化における傾向と対応策

第4回目 /チーム瞑想によって得たアイディアや情報を生かした
独自性のある自社商品・サービスの開発戦略


(1)セルフマネイジメントを促進させるメイン瞑想の定着 

(2)ビジネス瞑想視点からの商談における重要ポイント

(3)ビジョンを正確に共有するためのチーム瞑想の活用

(4)付加価値への思考を落とし込む瞑想型ミーティングの導入

第5回目 /チーム瞑想による内部体制の確立で高度・安定成長を実現する
(1)三大チーム瞑想のそれぞれの関連性と自前化 

(2)人・空間・規模・対象の最終調整 

(3)チーム瞑想の効果を最大限化するための+αポイント 

(4)流づくりと最終確認

​コンサルティングご契約までの流れ

①お問い合わせ

電話またはメールフォームよりお問い合わせください。

②セミナー参加 or 個別相談会

(セミナー日時とご都合が合わない場合個別相談を実施しております。お気軽にお問い合わせください。

個別相談は初回限定となります。)

③すり合わせ個別相談(初回限定)

セミナー受講者限定

(有料 コンサルティング契約時に全額編入いたします。)

④ご契約

原則として、初回プロジェクト開催時までに正式なコンサルティング契約書および秘密保持契約を締結いたします。

⑤コンサルティング開始

​コンサルティング期間

原則3〜5ヶ月

⑥コンサルティング終了

全工程終了と同時に14年以上かけて当社の技術を凝縮させた『ビジネス瞑想体制化コンサルティングブック』が完成します。このファイルを参考にして貴社は常勝企業体質をつくりあげながら、更なる独自進化への道筋を手にすることができます。

​コンサルティングブック完成

​ビジネスチーム瞑想体制化コンサルティング内容
  • 代表の新妻が直接訪問させていただきます。(1回2時間の訪問)

  • 各回、もっとも重要な本質的な考え方の説明と瞑想の指導等をさせていただきます。そして、質問や簡単な意見交換を実施。御社に合わせたご提言をさせて頂きます。

  • 次回までにしっかり課題への取組みをお願いします。

  • 社内への展開方法や日々の運用もしっかりご進言します。

  • コンサルティング開始前に個別面談を行います。(コンサルティングのお申込み前に、相談会を受講された方は除きます)

 

 【契約内容】
コンサルティング名:ビジネスチーム瞑想体制化コンサルティング

3ヶ月を目安としたプログラムとなります。企業の成長ステージや構築状況に合わせて、プログラムをカスタマイズすることも可能です。

 

 

【対象】
決定権者

関与するメンバーを増やすことにより実行力を高めることができます。ご相談ください。

 

【提供物】
ビジネスチーム瞑想体制化コンサルティングブック

 

【回数】
全訪問 5回

(各回2時間)+メール添削(運営状況確認と提言)

【お支払い】
一括または2回での分割での支払い

 

【その他費用】
別途交通費(遠方の場合、宿泊費がかかります)

 
 
 

​会社案内

​株式会社

サイレントキングダム

〒108-0073

東京都港区三田1-10-14

TEL 050-5361-7200

  • Facebook Social Icon

☎︎ 050-5361-7200

〒108-0073

東京都港区三田1-10-14

​営業時間 9:00〜17:00 土日祝除く

Copyright 株式会社サイレントキングダム2019 All Rights Reserved.